manami
AUTHOR

manami

外向型の彼氏に依存して生きてきた内向型女|結婚式1ヶ月前に破談💔生きるために少しだけ外向性を身につけた😂 婚約破棄から立ち直るまでの何やかんやを振り返ってゆるゆる投稿しています✍️

  • 2023年4月25日

黒髪カラー比較 KATEデザイニングアイブロウ

髪を染めるのをやめてからも、何も考えずケイトのブラウンのアイブロウを使ってきたのだけど、先日そのアイブロウがバキバキに割れて崩れ去ったので、ついに買い替えることになった。 黒髪へのおすすめの2カラーを実際に買ってみたので、写真で比較します。 黒髪へのおすすめカラー ケイトの公式Twitterや口コミ […]

  • 2023年4月22日

シングルベッドにセミダブルマットレスを置くとどうなる?

シングルベッドにセミダブルサイズのマットレスを置くとどうなる? できればベッドを買い替えずにマットレスのサイズだけ変えたい… こんなお悩みをお持ちの方へ、実際にシングルベッドにセミダブルサイズのマットレスを置いて1年間使用した感想を、写真とともにご紹介します。 結論としては普通に寝られます。 ただし […]

  • 2023年4月4日

私の職場は家です。「母親になって後悔してる」

思ってても口に出さないことってたくさんある。 思ってても口に出さないことランキングがあったとしたら、女性部門第1位に輝くのではないかと思うのが「母親になって後悔してる」である。 私自身は未婚で35歳になり、母親になれる可能性は刻々と先細りしている訳だけど、歳を重ねるにつれて子を持つことへの恐怖は膨ら […]

  • 2023年3月31日

世にも恐ろしい精子提供の世界「ドナーで生まれた子どもたち」

子を授かりたいと真剣に考えたことはまだない。 だから、精子提供というものに需要があることに驚くのだが、夫の遺伝子でなくても妊娠を望む夫婦や、自ら望んでシングルマザーとなる女性、同性カップルなど、必要な事情があるようだ。 「ドナーで生まれた子どもたち」は、1980年代に精子提供で生まれたオーストラリア […]

  • 2023年3月29日

Apple Watchでかぶれたので病院に行ってきた

2020年10月からApple Watch SE(40mm)を使用している。 使用期間が長くなるにつれ文字盤で肌荒れするようになり、自分でできる対策は色々試したが、もうどうにもならないので病院に行ってきた。 自己対策として試したこととその効果、病院で診てもらった結果をまとめました。 自己対策 バンド […]

  • 2022年12月6日

【比較】ホットヨガと常温ヨガ、両方2年間通ったレビュー

2年間通ったホットヨガをやめて、常温ヨガに通い始めて2年4ヶ月。 どちらも2年間通った経験から、実際に感じたメリット・デメリットを解説します! どちらが良いかは”ヨガをする目的”や”継続するための優先条件”によって変わってくると思います。 これからヨガを始めようと思っている方や、ホット⇄常温で乗り換 […]

  • 2022年6月28日

34歳独身OLの老後の不安 独居老人と認知症

老後の不安ベスト3はお金、健康、介護らしい。 お金と健康については、ある程度自分でコントロールできそうだが、介護については誰しも歳を取れば受ける時が来る。 はて、このまま独身でいたとして、一体いつまで一人暮らしができるんだろうか。   気になって高齢者の一人暮らしについて調べてみたものの、ほとんどが […]

  • 2022年6月23日

内向型女の転職活動 新卒で落ちた企業に潜り込むことに成功

就活に順応できず、ブラック企業に契約社員として勤める結果となったワタクシ。 内向型女の就活 就活に向いてないので離脱した 多忙、薄給、やりがい搾取、夜行バスで出張に行かされる、社員同士が業務中でも大学のサークルのように変なあだ名で呼び合っている、私まで変なあだ名をつけられそうになった、売上のために学 […]

  • 2022年6月12日

滝沢カレンっていうかバタコさん

久しぶりにバッサリと髪を切った。 男ウケのためにここ数年はサラサラロングをキープしてきたのだが、彼氏との付き合いも3年ほど続いて安定しているし、もう大丈夫だろう(何が?)という気の緩みが出てきたのである。 サラサラのロングヘアーというのは、多大な努力の上に成り立っている輝かしい勲章である。 毎晩お風 […]

  • 2022年6月5日

インド女一人旅⑥バラナシ→ヨガの聖地リシケシュへ

前の記事はこちら→インド女一人旅⑤ガンジス川クルーズ・インドのカースト制度   最後の目的地は”リシケシュ” 日本ではあまりメジャーではないかもしれない。 リシケシュは”ヒンドゥー教の聖地”であり、また、”ヨガの聖地”として世界中からヨギーが集う地である。   私としてはヒンドゥー教やヨガに興味がな […]